良い素材を求めて


いつも美味しいもの、安心できるものを


食を扱い提供する立場になり

更に追い求める欲が強くなりました


原木椎茸


広葉樹のホダ木に菌打ちしたらフィールドの自然にお任せ


秋と春にぷっくりとした肉厚の椎茸が次々と出てきます


椎茸菌の種駒の多くは福島産が多く

放射能を吸収し易いキノコ類がゆえに

中国・九州地方の種駒を選んでいます

もちろんホダ木はibumakiの所在する本巣市北部の山から伐採したものです


椎茸は干すことで旨みが格段に上がります


丁度良いタイミングで収穫したら

天日干しして干し椎茸に

昼は自然の風と太陽

夜はキッチンの薪ストーブの遠赤熱

品質を下げぬよう、出来るだけ早く乾燥させ低温保存します


水に戻すとこんな風にぶくっとした身の詰まった状態に戻り、強烈な椎茸の香りがキッチン中に充満します


戻し椎茸とうすずみ豆腐を使ってドライカレーやタコスに


焼き上げた米酵母ナンやパンと共に召し上がっていただくのです


しっかりと豆腐が椎茸の旨味を吸収して

味わい深い料理へと仕上がるのです


もちろん味付けは自家製の「うまみしお」や「カレーマサラ」を使っていますから

玉ねぎとにんにくの旨味と香りが更に加わるのですよ


記事を綴っているだけでお腹が鳴り始めました(笑)


来週のカフェプレートはタコスにしようかしら

ちょうどとうもろこしを干して粉砕したコーングリッツがあるから、これを使ってトルティーヤも焼けるから!


しかしながらきまぐれランチ


どんなプレートになるのやら


お楽しみお楽しみ


良い素材のおかげでibumakiのパンや料理があります


カフェでは私一人で調理&配膳しますので、お急ぎの方はご遠慮ください

プレートが来るまで外のフィールドを散策したり、ハンモックで揺られたり

ゆっくりそれぞれの私時間をお寛ぎいただきながらランチタイム、カフェタイムを味わっていただければ嬉しく思います